AVプロダクション・ガールールプロ AV女優・モデル 応募・募集サイト

仕事としてAV(アダルトビデオ)を選ぶ理由column

仕事としてAV(アダルトビデオ)を選ぶ理由

現在の社会において、いろんな職場で女性が働いていますが、なぜAV(アダルトビデオ)のお仕事を選ぶ女性が増えているのでしょうか? 高収入であるという事は勿論ですが、他にも高収入なお仕事はあるかもしれません。非常にリスクを伴う現場での作業だったり、法に触れるような事をやればお金にはなるかもしれませんが、それでは絶対に誰もやりません。 では、なぜAVのお仕事を選ぶのでしょうか?

① AV女優AVモデルは効率良い収入

女性の働く場所は、OL、医療関係、美容系、公務員、他多数ありますが、収入面ではAV(アダルトビデオ)のお仕事が、どのお仕事よりも高収入を得られると思います。

AV女優・モデルさんの中には、昼職と掛け持ちをして、月に数回やっている人も沢山いますが、本職としてやっている人も沢山いるのです。 高収入だからといって、危険を伴ったりハードだったりでは誰もやりません。

特に練習や特訓、レッスンがある訳ではありません。誰でも出来るお仕事でなんです。

勿論仕事としての最低やるべき事・・・自身の体調管理だったり、肌のケア、髪型の変化や身辺変化などはある程度は事務所に連絡や相談が必要になります。具体的に撮影でも大変な事はあります。夏は暑いし、冬は寒いのは当然ですが、時間が長引くこともあるでしょう。

ですが、それでもAV(アダルトビデオ)をお仕事としてやる人が増えているのは、やりがいを感じ、楽しく効率よく、高収入を稼がるからなのです。

この内容でこれだけの収入!。。。ではなく、この内容でこんなに稼げる! これがAV(アダルトビデオ)のお仕事なんです。

② 風俗(ヘルス・ソープ)との違い

ここでは風俗をヘルス・ソープを示して説明いたします。

ヘルスもソープも内容は異なり、その店によっても内容が違ってきます。

只言える事は、どちらも一般のお客さんを相手にするという事です。

お店の種類も違い、金額も違い、女の子も違います。お客さんはみんな素人さんという事なんです。

お店のコンパニオン(女の子)は、お店の支持もあったりなかったりでしょうが、定期的に性病検査を受けている人も多いようです。が、しかしお客さんは検査を受けてお店に来るでしょうか?

要するに、ヘルス・ソープは性病の感染リスクが高いという事です。

AV業界では、モデルは勿論、男優もしっかり定期検査を実施してますので、性病の感染リスクは極めて低くなります。

お店には毎日出勤することは可能でしょう。しかし、毎日お客さんが来るかどうか?お茶を引く(お客さんが0人)の時もあるでしょう。女の子の出勤が多すぎる日もあり、お客さんが回って来ない日もあるかもしれません。こんな不安定な勤務状況で一か月でどのくらいのお給料になるでしょうか?

AV のお仕事は勿論毎日あるわけではありません。毎日事務所に顔出した所でお仕事にはなりません。が、1つのお仕事の単価が違いますので、週に一回、二回で一般OLさんの月給位になります。

リスクと収入の面から考えますと、AV のお仕事の方が、効率よく稼げると感じる人が多いようです。

③ AV(アダルトビデオ)業界のイメージ

一般の方が想像するAV業界って、怖いところ?怖い人がいる?

まったくそんな事はありません。見た目の印象は人それぞれ感じると思いますが、昨今のAV(アダルトビデオ)業界は規制が厳しくなりましたので、いい加減な人達がプロダクションを運営する事は出来ません。プロダクションの組合がり、その組合の審査に通らないとプロダクション業務を行う事が出来なくなってます。反社会勢力やそれに近い人達は絶対に参入出来ないシステムになってます。また、素行を乱すプロダクションは組合から除名されてしまいます。

メーカーサイドも同じく、組合に加盟してないとDVDを発売することは出来ません。こちらも当然、いい加減なメーカーや制作会社は除名されてしまいます。

30年以上も前に、アダルトビデオが発足されてから現在に至るまで、色々な人や物事が淘汰され整理されました。そして、モデル・プロダクション・メーカー・制作会社などすべて、現在の安心して働ける健全なAV業界が確立されたのです。

30年以上の歴史があり、現在も存続するAV業界は、働きやすさという確たる理由があって現在に至っている訳ですから、その証拠が1000人を超えるAVモデルや、100を超えるメーカー・プロダクションが存在するのです。

AV業界の主な組合・団体

JPG (一般社団法人日本プロダクション協会)

AVプロダクションの健全化を推奨するために設立された団体です。 法令を尊寿し、AV業界の地位向上のため邁進するのがJPGです。

IPPA (特定非営利活動法人知的財産振興協会)

AVメーカーや制作会社の管理・監視・是正などの活動をする団体です。

未成年の出演や公然ワイセツ、海賊版などの商品の差し止めを行ったり、 著作権保護活動なども目的としているのがIPPAです。

AV人権倫理機構

AV業界の健全化を目的とし、法律の専門家・有識者の方々が、AV業界を第三者の視点から管理・監視する団体です。AV出演は本人の意思なのか、出演契約・同意は正しく行われているのかを監視しています。

AVAN (一般社団法人表現者ネットワーク)

AV女優の労働組合のような団体で、出演にあたり強制・強要がないかをチェックしたり、個人の尊厳と安全を守るために立ち上げた団体です。

何でもお気軽にご相談ください

  • 一度にいくら稼げるか知りたい
  • すぐにお金が必要で困っている
  • 写真で面接してもらいたい
  • AVプロダクション選びに悩んでいる

などなど、どんなことでもお気軽にご相談ください。メール・お電話・LINEで無休で受け付けております。
ご納得いただけなかった方へ、ガールールプロから勧誘をすることは一切ございません。ご安心の上お問い合わせください。

  • メールでお問い合わせ
  • LINE相談窓口
  • 担当者直通ダイヤル
  • 写メール面接

※お送り頂いたメールはAVプロダクション・ガールールプロにて厳重に管理し、上記への返答(面接のご連絡・撮影会モデル応募・募集に関するお問い合わせのご回答・写メール面接結果のご連絡)以外の目的では絶対に使用致しません。 また、ご連絡が終わり次第破棄致します。

※AVプロダクション・ガールールプロではお仕事の強要やしつこい勧誘などは一切行っておりません。また、登録料やレッスン料など費用を請求する事はございませんのでご安心の上ご応募下さい。

topへ